昼ドラバスケ漫画と密かに読んでる「黒子のバスケ」

まだ連載ではなく、読み切りで掲載された時から注目し続け、今に至るまではまっているのが「黒子のバスケ」。

アニメ化によるブレイクは少し寂しい部分もありますが、やはり嬉しいです。

黒子のバスケ 1 (ジャンプコミックス)同じバスケ漫画のスラムダンクや、スポーツ漫画として「ありえないことが起こる」テニスの王子様と比べられることも多いですが、バスケ漫画としてはともかくスポーツ漫画としてはかなり異質です。

ゲーム自体の運びはそう重いものではないし、深刻な状況にあるキャラも、怪我をしていて来季からの出場が絶望とされている先輩以外はいません。

ところがなんというか話が「重い」のです。

それはあえてモノローグをかかれることのない主人公の抱えた複雑な思いが原因になっています。

それに加えて中学からの因縁のある元チームメイトたちが敵にまわり、同校のチームメイトとも成長していく、という人間関係ありきの大筋から言葉は悪いですが「昼ドラバスケ漫画」とひそかに呼んでいます。

作家さんはたぶんとても頭の言い方で、台詞のセンスとそこに至る経緯のつなぎ方が素晴らしいと思います。

週刊ならではのキャラブレはありますがそれはご愛嬌ということで。

ゲームの最後で主人公が発する、台詞に感動しなかったことは1度もないです。

バスケ好きの方にもおすすめです。

(執筆者:ナデ 30代 女性)

|

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

|