テニスの王子様(コミック)が大好きな2つの理由

私は、『テニスの王子様』という漫画が大好きです。

この作品は、1999年から2008年にかけて、週刊少年ジャンプに連載されました。

その後、全42巻のコミックスが刊行されています。

テニスの王子様 1 (ジャンプ・コミックス)『テニスの王子様』の主人公は、越前リョーマという中学1年生です。

テニスの天才少年である彼が、名門校の青春学園に入学し、テニス部員となります。

そこで個性豊かな先輩たちと切磋琢磨しつつ、地区大会と都大会、関東大会を経て、全国大会制覇を成し遂げるというストーリーです。

私がこの作品を好きな理由は、二つあります。

一つは、天才肌の選手も努力型の選手も、それぞれに精進を重ね、試合での勝利を狙うところです。

そういう点では、スポーツ漫画として王道を行っていると思います。

そしてもう一つの理由は、奇想天外な技や荒唐無稽な展開、多種多様なキャラクターが次々に繰り出されることです。

これらを見ると初めは戸惑います。

しかし、その不自然さを深く追求するのは無駄だと悟ります。

そして、しまいにはすべてをギャグだと解釈し、笑いながら楽しめるようになるのです。

しかも、登場するキャラクターは美形が多く、正に『王子様』だらけなのです。女子が自分だけの『王子様』を見つけ、感情移入できます。

そこが、この作品が女子受けする理由なのではないかと思います。

一風変わったテニスに触れたい方、スリルと笑いを同時に味わいたい方にお勧めです。

(執筆者:スパイス 40代 女性)


コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。