ジャンプ連載の漫画「ハイキュー!!」で日向から元気もらってます

私がおすすめする漫画は週刊少年ジャンプで連載中の作品「ハイキュー!!」です。

幼い頃にテレビで見た高校バレーの選手にあこがれ、中学生になった主人公・日向はバレー部に入部するもバレー部は廃部寸前。

友人達の協力もあり、どうにか人数を確保して中学最初で最後の大会に出るが、そこでコート上の王様と言われる影山がいる優勝候補のチームにあたり、日向は大差で負けてしまう。

影山にリベンジを誓った日向はあこがれだった烏野高校に入学し、バレー部に入部するが、何故かそこには影山の姿があった。

バレーボールを題材としたスポーツ漫画ですが、作品にキャラクター達がとても多彩であるとともに、どこか自分達と身近さを感じさせて、読んでいて自然とキャラクター達を応援したくなります。

元々、自分はスポーツのルールがよくわからない・最初から妙に才能に溢れていて勝利が約束されている展開などといったことから、スポーツ漫画が苦手だったのですが、この作品は自分のような理由でスポーツ漫画が苦手な人にもおすすめしたい作品です。

バレーボールのルールがわからなくても楽しめる上に、スポーツ漫画に良く見られる勝利が約束された展開というのもあまり感じません。

むしろ、この作品から伝わってくるのは、どこか等身大のひたむきさや前向きさです。

そしてキャラクター達が持つ感情や悩みはスポーツだけでなく、スポーツ以外でも感じるものであったり、自分達にもあてはまるものであったりします。

そんな中でも、ただひたむきに頑張る日向の姿にはとても元気をもらえます。

元気をもらえるスポーツ漫画として、スポーツ漫画が苦手な人にもぜひ読んでもらいたいです。

(執筆者:luck 20代 女性)



コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。